あらかじめ準備しておこう|マンション投資で確実な利益を得る|高い利回りを維持する方法
ウーマン

マンション投資で確実な利益を得る|高い利回りを維持する方法

あらかじめ準備しておこう

男性

仲介手数料を知ろう

不動産投資をするのであれば、不動産投資をするにあたってかかる費用をきちんと把握しておきましょう。不動産投資の場合、無知であると、思わぬタイミングで費用が掛かるケースもあります。いつどれくらいの費用が発生するのかをあらかじめ知っておくことで、慌てずに済みます。まず抑えるべき費用は仲介手数料です。不動産会社が仲介する形で、中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入する場合、不動産会社に仲介手数料を支払います。この手数料は上限3%プラス6万円です。これは上限なのでこれよりも低い手数料でも構いませんが、多くの不動産会社は上限いっぱいの手数料を設定しています。なお、不動産会社が売主となっている場合には、この手数料は発生しません。

あとからやってきます

不動産を購入した際の手続きとして所有権の移転登記をする必要があります。この登記にも手数料がかかります。登記は一般的に司法書士に依頼します。その際の手数料は司法書士によってバラバラですが、中古ワンルームマンション程度ならば数万円が相場です。また、司法書士の手数料とは別に登録免許税や印紙税がかかります。登録免許税は建物が不動産の課税標準価額の2%、土地は平成29年3月31日までなら1.5%となります。さらには、購入後、半年から1年後には不動産取得税の請求がやってきます。買った年の翌年には、固定資産税の請求がきます。不動産投資をするにあたっては、これらの費用のために、しっかりと資金をストックしておきましょう。