つみきとお金

マンション投資で確実な利益を得る|高い利回りを維持する方法

区分投資は負担が少ない

集合住宅

中古物件で始める

マンション投資は、堅実な管理運営を行っていくことで、安定した利益を出していくことができます。ただ、そのためには初期投資に大きな金額が必要となるため、金銭的な問題がネックとなり、踏み出せないでいる方も大勢いらっしゃいます。特に不動産投資初心者ともなれば、大きな初期投資費用を前にして、あきらめムードになってしまいがちです。しかし、不動産投資は何も、一棟買いで始めなければならないという決まりはありません。マンションをワンルームごとに購入して運営していく、区分投資で始めれば、初期費用とリスクを抑えたマンション経営を始められます。中古物件への区分マンション投資であれば、場合によっては1,000万円程の投資で高い利回りを維持していくことが可能です。

都市型物件を選ぼう

区分マンション投資で中古物件を選択すれば、初期費用を抑えて運用することができますが、そのためには慎重な物件選びを行わなければなりません。いくら物件が安いからといって安易に飛びつくと、後で思わぬしっぺ返しを受けることもあります。区分マンション投資を行っていく上で、特に留意したいポイントとしては、立地条件が挙げられます。マンション投資を行っていく上では、都市型、郊外型のどちらかを選ばなければなりません。郊外型であれば安い物件も手に入りやすいのですが、人口が少ない地域であれば空室のリスクが出てきます。都市型の場合は、賃貸物件の需要が高いので、空室のリスクも少なくなり、安定した家賃収入が望めます。中古物件の利回りの良さを生かして、区分マンション投資を始めのなら、都市型物件の購入を検討してみましょう。

保証人になってくれます

男の人

賃貸住宅を借りる際には、契約書が必ず存在します。契約書には保証人のサインが必要になっていますが、核家族化が進行している日本では、身寄りがないという方も増えています。そんな時は保証人になってくれる家賃債務保証サービスを利用しましょう。貸主側にも利用すればメリットがあります。

Read More

住宅を貸し出す方法です

建物

自分が購入した住宅を、転勤などで長期間留守にしてしまうのであれば、リロケーションを利用する事をお奨めします。期間限定で自分の住宅を貸し出す事が出来るので、住宅の劣化も防ぐ事が出来ますし、家賃収入を得る事も出来るのが大きな魅力です。

Read More

あらかじめ準備しておこう

男性

不動産投資には様々な費用が掛かります。しかも、これらの費用は1度に全部の請求が来るわけではありません。買ったときに支払うものもあれば、半年後や1年後に請求されるもの、買った年の翌年に請求が来るものもあります。

Read More